〒062-0003
北海道 札幌市 豊平区 美園3条7丁目 1-6 クロスロード103号室

▽お問い合わせ▽
TEL:011-815-1787(桑原) / メールはこちら
 音飾工房 Sound Crest <業務案内:フィギュアスケート音楽編集-ボーカルカットについて->

フィギュアスケート音源編集・録音

ボーカルカット(歌声の除去)について
 フィギュアスケートの音楽もは、2014-15シーズンよりボーカル入り楽曲の使用が認められるようになりましたが、「歌声だけを取り除いてお気に入りの音楽を使いたい!」という場合もあるかと思います。
 結論から申しますと、残念ながらお勧めできません。


 理論的・技術的にはそれは可能で、「ボーカルをカットしてカラオケを作れます」と謳うソフトウェアも多数存在しますが、声だけをきれいに取り除くには条件があります。

  * 声が音場の中央にあり、リバーブなどがかかっていないこと。
  * 音場の中央に声だけがあり、他の楽器の音は完全に左右に振り分けられていること。


このような楽曲は、まず存在しません。


▼ボーカルカットの原理をご説明します。

  音は、上下の振幅が音の大きさを、波の数が音程を表します。
単純な波形の音を用意してみました。





(拡大図です)
 
全く同じ波形を重ねると音は大きくなりますが、上下を反転(位相反転=インバート)させた波形を重ねると、互いに打ち消しあって音は消えてしまいます。



この原理を応用して、高速道路の騒音を低減させようという研究が行われているようです。

ステレオ音源において、左(L)チャネルと右(R)チャネルに全く同じ波形の音が録音されている場合、
その音は中央から聴こえます。
左(L)チャネル 右(R)チャネル

左にピアノ、右にストリングスを配置したバックミュージックを用意してみました。

これに、先ほどの音をボーカルに見立ててミックスしてみましょう。

ここで、左(L)には右(R)をインバートした音を、右(R)には左(L)をインバートした音を、
それぞれミックスすると・・・
左のピアノと右のストリングスは全く別の波形ですから、打ち消し合わずに混ざりますが、中央に配置された音(ボーカル)は左右が同じ波形なので、反転させた音をミックスすることで打ち消し合い、右も左も消えてしまいます。これがボーカルカットの原理です。

このようにして出来た波形は、一見すると左右同じに見えますが、拡大してよく見ると、左と右とでは波の上下が逆になっていることが分かります。
そのため多少立体的に聴こえますが、どちらかを反転させると・・・
左右が全く同じ波形になり、ピアノもストリングスも中央から聞こえる平坦な音になります。(モノラル化)

 このように、中央の音だけを消すことは理論上は可能なのですが、実際の楽曲でこれをやると、中央のボーカルと一緒に、同じく中央にあるベースやドラム等の重要な楽器音も消えてしまいます。
ボーカルが含まれている周波数帯域に限定してこの処理をすれば、必要な楽器音の消失を低減させることは出来ますが、ボーカルと同じ周波数帯域の楽器音もあるわけですから、やはり音質の劣化は免れません。
また、メインボーカルにかけられたリバーブなどの響が左右に広がって入るため、どうしてもかすかに残りますし、コーラスが入っている場合は消去不可能です。

 シャウト的な極狭い範囲の消去であれば、消失した楽器音を電子楽器の音で再現補填するという手段もありますので、どうしても・・・という場合はご相談下さい。

<戻る>